スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

39歳(限りなく40歳に近い)採卵周期始まりました。

生理が来た後
病院の予約をとりもう一度不妊治療をしたい、と、伝えると
先生たちが「まだまだ若いから大丈夫!」と、言ってくれ
生理が始まったら採卵周期に入りましょう、と、いうことになったわけ。

で、内診した時に
これではまだまだ生理が来そうにないからお薬処方します
と、いうことで
「ノアルテン」「プレマリン」が処方されました。
10日間飲んで数日後無事生理が来ました。

採卵周期の始まりです!

生理3日目に採血のため診察のために予約をとります。
私、今回の生理、茶色いカスカスから始まったのだけど
茶色いカスカスはせいりじゃないです、と言われ。
しっかり鮮血の出血が来たら生理開始!
でも、それが21時以降ならば翌日が一日目になります、
と、いうことで
無事に3日目に病院に行ってきました。

茶色いかすは前の生理の時の残りかすみたいで
子宮の力が弱っているから全部出し切らないんだとか・・・?

しかも、今回も生理3日目にはほとんど出血が少なくなって
4日目にはうっすら茶色、という少なさ。

どんだけ内膜が薄いのよ…と。


診察をしてもらい
ホルモンの数値は普通。
右左で3個4個育ちそう、ということで

まずはクロミッド内服から始まりました。

(今回も低刺激採卵かな?って思った私)
最初の頃は通常刺激での採卵でした。(2回目までは)

低刺激のいいところは…
注射が少ないからお安くできちゃう。
年を取ると卵巣内に残っている卵胞の数が少なくなっているから
毎日注射をして排卵誘発するのは残された数少ない卵胞を急速に失ってしまうみたい。
(ここがきっと大きな理由なんだわ)

で、良くないところは通常刺激に比べると採卵数が少なくなりがち…ってことみたい。

まぁ、年だし仕方がない。

次は5日後に診察です。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07 09
プロフィール

nio。

Author:nio。
 一人目を不妊治療の顕微授精にて妊娠
二人目を希望するもかなわず。
三人家族で生きていきます!

おしゃれ大好き
カメラ大好きです
愛機はCANON EOS Kiss X4です
Panasonicのコンデジと使い分けてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
13,12,16~
ランキング
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。